The sustainability and quality of the sector

ブラジルの養鶏業は、最も豊かで重要なアマゾンのビオーマから遠く離れた国内の南部、南東部と中西部に集中しており、生産者は、環境に対するその活動のインパクトを抑制するための様々な実践を取り入れています。

ブラジルは京都議定書など環境についての主な協定の署名国であり、その環境法は世界で最も厳しいものの1つとして広く認められています。

ブラジルでの鶏肉生産者は環境について懸念しており、この業界の企業は環境管理の独自のプログラムを持っており、これらのプログラムは、重要な消費者市場で注意深く見守られています。

最近の研究は、鶏肉生産は牛肉や豚肉の生産と比べ、より少ない電力、水を消費し、より少ない温室ガスを発散し、土壌へのインパクトもより小さいことを示しています。    

そのほか、2008年に公表されたイギリスの環境食料農村地域省(DEFRA)の報告書は、ブラジルの養鶏業はイギリスの養鶏業より25%少ない電力を使い、温室ガスを17%少なく発散していることを示しました。   

養鶏会社は、周囲のコミュニティにおいてさまざまな社会プログラムも実施しており、学校のプロジェクトや社員の子供に対する支援を行い、将来の世代の発展のために貢献しています。

これらすべては、ブラジルの養鶏業がクオリティの点だけではなく、持続性の点でもリーダーであることを示すものです。