統合システム

1960年代に設立された統合システムは、飼育者の業務と食肉加工業者の業務を調和することで、サプライチェーンにおける生産強化を可能にしました。ブラジルの養鶏業の90%は、飼育者と食肉加工業者の間の統合システムの下にあると予想されます。

この統合は、農業技師、獣医師、農業技術者、飼料、医薬品とひよこの供給の補佐による養鶏業者に対する継続的支援から構成されます。

養鶏業者には、生産の最良の実践、および、鶏の快適性、バイオセキュリティと衛生の厳しい規則にしたがい、鶏を飼育することが任されます。このような規則は、統合する企業により近くでモニタリングされ、消費者のテーブルまで養鶏場のプロダクトの追跡性が保証されます。