歴史

ブラジルの養鶏業は、360万人以上の直接、または間接雇用を行っており、これはブラジルのGDPの約1.5%に相当します。

養鶏セクターは、数万の食肉処理も行う生産者、数百の加工会社、数十の輸出業者により代表されます。

ブラジルにおける養鶏業は社会的に重要なものであり、ブラジル内陸部、特にブラジル南部と南東部の州に大きな存在が確かめられます。多くの市では鶏肉生産が主要経済活動になっています。

2011年にはブラジルの鶏肉生産は史上最高の1,3058万トンに達し、ブラジルはアメリカ、中国に次ぎ世界で3番目の鶏肉生産国になりました。

この合計のうち約69%は、国内市場向けであり、これは、ブラジルにとっての養鶏業の力を証明するものです。ブラジルでの1人当たり鶏肉消費量は年間約39kgとなっています。

輸出については、ブラジルは2004年以降、世界最高の輸出者としての地位を維持しており、2011年には150カ国以上に約390万トンの鶏肉が輸出され、80億ドルの収益がありました。

このようなパフォーマンスにより、ブラジル産鶏肉はさらにブラジルと世界の消費者のテーブルでその存在感を増していると言えます。